こんにちは!スタッフの水上です!

日が段々と伸びてきて、18時くらいまで明るくなってきました!

自分は、単純なので日が長いと一日が長く感じられて好きです(笑)

さて、今回は【CHROME】から待望の新シリーズについて紹介します!

その名も

MODAL COLLECTION

コンセプトは

通勤や通学から、初めての場所を訪ねる旅行まで、様々な目的地へと向かうための移動手段は、自己表現のひとつでもある。

CHROMEはMODAL COLLECTION(モダル コレクション)を通して、財布や鍵といった責重品から、仕事で使うモバイル、さらには週末を週こすための荷物まで、あらゆる荷物を持ち運ぷための昔ながらの方法に挑戦したかった。

複数のカラーが混ざり合ったツイル素材を採用したMODAL COLLECTIONのバッグは、洗練されたルックスを実現するだけでなく、様々な目的に順応できるように設計されている。

コンプレッションストラップとジッパーを充実させることで、いかなる移動方法にも比類なく適しているシリーズが完成した。

(出典:CHROME INDUSTRIES(クローム・インダストリーズ))

と、通勤・通学から旅行まで、ありとあらゆる場面を一つのバッグで完結させることを目指したそうです!

このコレクションの一番のポイントは、素材です!

クロームのバッグの一般的な素材は1050Dナイロンや1680Dバリスティックナイロンといった強くて硬いものでした!

今回のMODAL COLLECTIONで使われているものは600Dポリエステルメランジツイル生地と呼ばれるもので、柔らかく軽い素材です!

複数のカラーが混ざっていて、今までのクロームにないカジュアルな印象を受けました!

中の生地には模様がプリントされています!

 

今までとは違って新鮮な感じです!

では、それぞれバッグを見ていきましょう!

SUMMONER PACK(¥22,000+Tax)

このSUMMONER PACK!一番目の紹介ですが、僕がMODAL COLLECTIONの中で一番オススメするバッグです!

なんといっても使い勝手が抜群にいいです!収納スペースが広く荷物の整理がしやすいことが一番の特徴ではないでしょうか!

まず、一つめのコンパートメントについて

正面のジップを開けると

一日分の着替えが入るくらい、かなりの容量があります!

そして真ん中のジップを開けると、

キャリーケースのように開閉します!

ポケットが多く小物の仕分けもしやすいです!

そして、この状態からなら、前のコンパートメントにも、後ろのコンパートメントにもアクセスできます!

前↓

後ろ↓

もちろん後ろのコンパートメントにはバッグの上部からでもアクセスできます!

後ろのコンパートメントではPCや書類を収納できるよう仕分けがなされています!

このようにたくさんの収納ポケットや仕切りがあり、それに対して、多方面からアプローチできるので、いろんな使い方をすることが出来ますね!

また、サイドに取っ手があることで、背負うだけではなく、手提げとしても持ち運び可能なんです!

本当にこれ一つで、通勤・通学から旅行まで幅広く使える、ユーティリティバッグです!

 

PIKE PACK(¥18,000+Tax)

次に紹介するのはこのPIKE PACK!

一見、普通のバックパックですが、なんと荷物の量に合わせて変形できます!

変形前↓

変形後↓

上部にあるフラップをこのように両方に固定することができます!

そして、このメインコンパートメントにはバックの前面、上部の両方からアクセスできます!

メインコンパートメントはかなり大きな荷物でも収納できそうです!

また、PC収納スペースや財布などの小物を入れておくポケットもあり、使い勝手も抜群です!

そして、今までのクロームにはなかった仕組みとして、サイドについてるドリンクホルダーにもポケットがついてます!

その人次第でいろんな使い方ができるバックパックです!

シルエットもカッコイイので、若い人に特にオススメです!

 

VALE SLING(¥12,000+Tax)

最後に紹介するのは、VALE SLING!

これも2通りの使い方があります!

① 荷物がノートPCやノートのみの時

こうして平坦にすることで、クラッチバックのように使えます!

② 荷物が多いとき

このようにショルダーバックとして、簡単に持ち運びができます!

まさにあらゆる荷物を運ぶためのアイデアの詰まったバックだとおもいます!

また、前面と後方にもポケットがあり、小物の仕分けも可能です!

容量も14Lと、KADETだと小さいけど、MINI METROだと大きすぎるという人にぴったりだと思います!

 

いかがだったでしょうか?新シリーズ”MODAL COLLECTION

いままでのクロームとは違った雰囲気でありながら、いつも通り、ユーザー目線の使い心地のいいバックたちでした!

ぜひ、店頭で試着してみてください!

以上スタッフの水上でした!