みなさんこんにちは!!

全然暑さが収まらなくてうなだれているスタッフの神谷です!!

 

今回ご紹介するのは、ノースフェイスから発売されたこちらのシューズです!

Lump Moc WP(ランプモック ウォータープルーフ)『¥13000+TAX』

なんとこの靴、

めちゃめちゃ靴下みたいなんです!!

はたから見たら、ソールの上に靴下を乗っけているように見えます

 

 

ソールには、細かいギザギザ状の溝が入っています。

これによって、グリップ力が高まり滑りにくくなります。(KEENのニューポートと同じですね!)

 


 

しかし、こう思った方もいるはずです。

『前から出てる、ヴェロシティニットゴアテックスインビジブルフィット(以下、ベロシティ)と何が違うの??』

 

そこで、今回、このシューズがどのようなものかを明らかにしたうえで、

見比べ、履き比べ、2つのシューズの違いを出来るだけ詳しくご説明したいと思います!

 

まずは、ベロシティについてです。

(今期から新色が登場したので、ここで一緒に紹介させていただきます。)

 

ヴェロシティニットゴアテックスインビジブルフィット『¥18000+税』

 

このシューズは、靴ひもがなく、

表面がニット素材になっています。

さらに、ゴアテックスを搭載していて

雨の日も安心して履くことが出来ます!

唯一の弱点である履き口の部分も

キュッと締まっていて水が入りにくくなっています。

 

しかも、それだけでなく、

アウトソールがビブラムソールになっていて

耐摩耗性、滑りにくさに優れています!

 

【新色紹介】

今回あたらしく登場したこの色はグレーに近いですが、

アッパー部分が一色ではなく模様があってかなり印象が変わっています。

 

こっちの方が靴下っぽい気がしませんか?(笑)

 

ベロシティについて、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【THE NORTH FACE】人気急上昇中!GORE-TEX搭載スニーカーを履いてみた!

 


 

次に、これらの靴を

3つの側面から比較をしていきたいと思います。

 

 

履きやすさ

これらのシューズはどちらも履き口がすぼまっているので

決して履きやすいとは言えません。

 

 

ランプモックの方は、履き口の部分がかなり伸びるので

ベロシティよりも履きやすいのではないでしょうか。

 

また、ランプモックの方が全体的に柔らかいつくりになっているので、

履き入れの際や着用時は足の形に合わせてフィットしている感じが強いのではないかと感じます。

 

歩きやすさ

(写真左がベロシティ、右がランプモックです)

歩きやすさに関しては、ベロシティの方が良いと思います。

 

ランプモックはアッパーもソール部分も柔らかいので

やや安定感に欠けます

 

一方、ベロシティの方はアッパー部分が少し硬くなっていて伸縮性もあまりありませんが、

ソールの素材はミッドソールにクッション性に優れた素材、

アウトソールにはビブラムソールが用いられており、

クッション性に優れているだけではなく、

硬めのアウトソールが地面をしっかりと蹴ってくれている印象があります。

 

機能性

 

まず、アッパー部分についてですが、

靴の表面はどちらもニット素材が用いられています。

 

ベロシティの場合、

アッパー生地の下に、防水生地「ゴアテックス」が入っており、水の侵入を許しません

 

一方ランプモックの場合は、

ゴアテックスではないものの、ストレッチ性のある防水メンブレン

アッパー生地と裏地の間に圧着されています

 

ゴアテックスの方が防水性は高いと思うのですが、

実用的な面でどのくらい違いがあるのかはわかりませんでした。<(_ _)>

 

また、ベロシティの方がソールが厚く、履き口の位置も高いので、

防水性が保たれるラインは地面から高くなっています。

※同じサイズで比較しています。(写真はともに27センチ)

 

 

次に、ソールについてですが、

ランプモックは前述の通りアウトソールに細かい切れ込みが入っているため

防滑性が高くなっています。

しかし、ソール全体が柔らかい素材で出来ているため、

耐摩耗性に優れているとは言えません

 

一方、ベロシティの方はアウトソールにビブラム素材が用いられており、

防滑性に加えて、耐摩耗性に優れています。

 

【まとめ】

今までかなり長々と書いてしまいましたが、簡単に言うと次のようになります。

 

【ベロシティ】

機能性や歩きやすさに優れているため、

普段使いとして天気に左右されず街中でガシガシ履ける。

 

【ランプモック】

生地の柔らかさから

履き心地やコンパクト性に優れているため、

ちょっとした外出や、旅先のセカンドシューズとして使える。

 


 

この記事は以上になります。

この記事を読んでみなさんのシューズ選びの参考にしていただけたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。